|

[業務効率化]ERPシステム導入が失敗する10の理由

[業務効率化]ERPシステム導入が失敗する10の理由

デル トピックス

中小企業向けビジネス情報

スモールビジネス360 特集

全てのデル製品をみる

デル スモールビジネス賞

お役立ち情報

コミュニティー(英語のみ)

Author - 鍋野 敬一郎

 企業システム、特にERPにおいて、その導入や運用の失敗話は尽きることがありません。もし、失敗に法則があるならば、良くある失敗事例を幅広く知ってもらうことで、これから導入に望むユーザー企業やお客様を成功に導くコンサルタントの道標になれないだろうか…というのがこの連載の趣旨です。

今回は、ERPの導入が失敗する理由を考えます。

広告主によっては、大きな期待や効率性の懸念など、様々な思いをインタレストマッチに持たれているのではないだろうか。

中堅中小企業におけるERP導入が急激に拡大しているようです。

主要な調査機関の報告によると、ここ2、3年で年商50億円~500億円の企業におけるERP導入は毎年10%以上で成長していて、今後2011年までこの二桁増の傾向は変わらないそうです。欧米の市場普及率7 割にはまだ及びませんが、既に普及率は4割を超えたという声も聞かれますので早晩5割を超えるのは確実でしょう。

1992年にSAPジャパンが「SAP R/3」というERPパッケージソフトウェアを日本に持ち込んでから15年程ですが、わずか15年で企業の基幹系システムは汎用機、オフコンの手作りベースから、オープン系のパッケージへと移行したわけです。ERPが一部大手企業だけの製品と呼ばれていたことを思い起こすと隔世の感があります。

しかし、こうしたERP導入活況の裏には“動かないコンピュータ”と呼ばれる失敗事例も数多くあらわれており、ERPにおいてもその傾向は同様です。ERP はパッケージアプリケーションですから、機能面で動作しないということはまず有り得ません。ERPパッケージをサーバーにインストールして、正しくマスタやパラメータを設定すれば動いて当然のシステムなのです。それなのに昔も今もERP導入失敗の話は尽きることがありません。

企業の大小に係らず、業種業態にも関係なく、何故か必ず失敗事例が報告されています。筆者は、ERP導入企業のエンドユーザー経験とERP導入ベンダーのコンサルタントとしての両方の経験がありますが、ERP登場から15年が経った現在でもERP導入し失敗する企業の割合が減っては居ないような気がします。ERP導入に失敗する理由は、実は毎回ほぼ似たような要因から始まっているような気がします。

“ERP導入失敗には決まったパターン、失敗に至る法則があるのではないだろうか?”

失敗に法則があるならば、失敗を反面教師に成功することもできるはずです。良くある失敗事例を幅広く知ってもらうことで、これからERP導入に望むユーザー企業やお客様のERP導入を成功に導くコンサルタントの道標になると思うのです。

ERP導入にまつわる困難や勘所を“失敗の法則”というテーマで幅広く読者の皆様に伝えたいというのがこの連載の狙いです。ERPの導入を検討している。導入途中で迷っている。導入はしてみたけれど成功を実感できないなど、ERPについて悩んだときに、ちょっと息抜きにお読み頂ければと考えております。

ERP導入が失敗する10の理由

勝手ではありますが、ERP導入が上手くいかない10の理由を考えてみました。

  1. 業務を全く見直さないERPシステム導入
  2. 経営トップの関心が低いERP導入プロジェクト
  3. Before / Afterが明確ではないERP導入プロジェクト
  4. コストパフォーマンス(投資対効果)の評価が曖昧なプロジェクト
  5. 情報システム部門(ベンダー任せ)で導入を進めるプロジェクト
  6. システム稼動後の安定運用や変更対応を十分に検討しないプロジェクト
  7. システムライフサイクル(耐用年数)を考えないERP導入プロジェクト
  8. 業務の課題とシステムの課題の整理ができていないプロジェクト
  9. ERPシステム導入後の次のステップ(方向性)が決まっていないプロジェクト
  10. 予算に余裕が無いERP導入プロジェクト
前半の幾つかは業界で良く言われていることなので「なるほど」といって頂けることと思いますが、後半は「意味がよくわからない」と言われる方が居るのではないでしょうか。実は、前半はお客様の起因する失敗事例の理由に多いものであり、後半はパッケージベンダーや導入ベンダーに起因する失敗事例の理由に多いものです。

初回の今回の“失敗の法則”は、後半の「システム稼動後の安定運用や変更対応を十分に検討しないプロジェクト」の例をご紹介します。

システム稼動成功、運用失敗したERP導入プロジェクト

最近のERP導入のトレンドは、業種業態ごとにパッケージングされたテンプレート(ひな形)をベースに短期間、低コストで一気にERPシステムを稼動させてしまうというやり方です。この手法は、ERP導入において作業期間と作業工数を効率化する手段として有効なやり方です。これによって昔は1年半以上掛かっていたERP導入プロジェクトも、この手法を適用することにより現在では6~10ヶ月間程度でERP導入が可能になりました(筆者はこの手法については、正直かなり深く係っております)。

ある製造業のお客様でもこの手法を適用して8ヶ月間でERPシステムの稼動に成功し、さぁこれから全面移行、本格的運用に入ろうかという矢先に大きなトラブルに巻き込まれてしまいました。トラブルは、ERP短期導入を行う際に良くあるエンドユーザー研修やデータ移行に起因するものです。適用したテンプレート自体の適用度はお客様の予想以上に高く、機能ギャップも少なく、導入は極めて順調に進んいました。

しかし、順調だったからこそ予想できなかったのがERPシステム稼動成功後の本格運用に至る過程で生じる良くあるトラブルに対応する運用体制にありました。

あまりにも順調なシステム稼動がゆえに、安定稼動に至る前に導入ベンダーのコンサルタントの大半をリリース(契約終了)していたのです。

ERP導入を経験された方なら良くご存知かと思いますが、システム稼動と安定稼動の間には通常1~3ヶ月間程度のズレがあります。3月末からシステム稼動開始となるERPシステムの場合には、一般的に5月の連休明け頃までは導入ベンダーのコンサルタントが継続して張り付いて安定化を図り、6月末の決算処理と月次処理に問題が生じないことを見越して随時保守要員へ業務を移管して撤退ということになります。

今回のケースは、こうした安定稼動を見極める前にプロジェクト体制を解いてしまったところにあります。導入ベンダー側も導入作業が順調だったからこその誤算なのですが、結果は後の祭りで主要なコンサルタント達は既に次のプロジェクトにどっぷりと入ってしまった後でした。メールやスポット対応程度では安定稼動させることができず、結局この ERPシステム導入は無期延期となりました(事実上のプロジェクト中止)。

現実にここまで酷いケースは珍しいのですが、最近良く聞くのは「稼動1、2年後に運用側が作業負荷に耐え切れず継続利用を断念したり、稼動範囲を縮小したり」というケースです。お客様の体制だけでERPシステムを継続的に安定稼動させるのが難しい場合が結構あるのです。導入ベンダーのコンサルタントは、ERPシステム構築ビジネスを主としている場合が多いため安易にプロジェクト体制をリリースしてしまうと再度呼び集めることはまず不可能です。

こうしたリスクも考慮したうえで、ユーザー企業は運用支援について十分に考えておく必要があります。オフコンや汎用機から移行を考えているお客様は、こうした運用の違いについてパッケージベンダーや導入ベンダーと十分に相談しておくことをお勧めいたします。



デルの製品について詳細はこちら
インテル

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Centrino、Centrino Inside、Intel Viiv、Intel Viiv ロゴ、Intel vPro、 Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Viiv Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標です。

SB360 に掲載された記事は、一般的なコメントであり、IT、ビジネス、法律または金融に関する特定の問題についてのアドバイスではありません。 お客様は、ご自身のビジネスについて、本サイトに記載されている情報のみに依拠せず、IT、金融、ビジネス、または法律の専門家からの助言を得たり、相談したりしてくださいますようお願い致します。 本 Web サイトには他の Web サイトへのリンクが含まれています。 これらのリンクは、利便性の目的でのみ提供されており、常に最新の情報が掲載されているわけではありません。 他の Web サイトへのリンクは、リンク先サイトの所有者または運用担当者、あるいはリンク先サイトに記載されている情報、製品またはサービスに対するデルの保証、承認、推奨、優先を表すものではありません。 お客様は、自己の責任においてリンク先の Web サイトを利用するものとします。 デルは、本 Web サイトで別途定めのない限り、リンク先 Web サイトの所有者または運用担当者とはいかなる関係も持たず、またリンク先 Web サイトに対する管理または権利を有しておりません。

snWW02