|

PowerConnect 6224の詳細

PowerConnect 6224の詳細

Dell PowerConnect 6224


24 ポートのスタッキング可能スイッチ

PowerConnectTM  6224
は、中小規模企業に適した高度なコアスイッチング機能を提供するハイパフォー
マンスなスイッチです。
  • 24 ポートのギガビットイーサネットレイヤ 3 スイッチ
  • 最大 12 システムのスタッキング
  • 10GBase T および SFP+ 10GE モジュールをサポート

カスタマイズ

デルの最上位スイッチ製品
 
デルPowerConnect 6224は、中小規模企業向けに高度なコアスイッチング機能を提供する最上位スイッチ製品です。スタッキング可能な24ポート・ギガビット・イーサネット・レイヤ3スイッチは、オプションとして10ギガビット・イーサネット・アップリンクを提供します。また、最新バージョンのインターネットプロトコルIPv6に対応し、世界規模でのスケーラビリティを実現します。 最大12台のシステムの高パフォーマンスと、高度なセキュリティ機能およびQoS (Quality of Service)機能を備え、VoIP (Voice over Internet Protocol)、レイヤ3ルーティング、HPCC (High Performance Cluster Computing)、およびiSCSIストレージなどのアプリケーションに最適なスイッチです。


無期限の限定保証

無期限の限定保証1

PowerConnectスイッチは、お客様がデルに求める高品質、高信頼性、高機能を実現。さらにお客様が製品を所有する限りハードウェアを保証するという文字通りの無期限保証により、安心してご利用いただけます。詳細を見る www.dell.com/LifetimeWarranty




高密度
高密度
 
PowerConnect 6224は、その優れたラック密度で1Uフォームファクタあたりのサーバとワークステーションの接続性を最大化するための柔軟性を提供します。 12台の62xxシリーズ・スイッチからなるスタックには、最大で576台のサーバやクライアントを接続でき、最大限の密度、柔軟性、および管理性を提供します。スタックは、10/100/1000BASE-Tギガビット・イーサネット・スイッチで構成されます。


高パフォーマンススタッキング
高パフォーマンス・スタッキング
 
PowerConnect 6224は、最大12台のシステムの高パフォーマンス耐障害性スタッキングをサポートしており(各システムは48Gbpsで動作)、ネットワークパフォーマンスに影響を及ぼすことなく、必要に応じてスループットを向上させることができます。


オプションの 10 ギガビットイーサネット
オプションの10ギガビット・イーサネット
 
PowerConnect 6224は、最大4つの10ギガビット・イーサネット・アップリンクをサポートしており、10ギガビット・イーサネット対応のルータ、エンタープライズ・バックボーン、およびデータセンターに直接接続できます。


高度なレイヤ3機能
 
PowerConnect 6224は、高度なレイヤ3ルーティングとマルチキャストプロトコルをサポートしており、ネットワーク上の輻輳を低減し、トラフィックの管理を容易にします。 また、RIPv1/v2、OSPFv2/v3、VRRP、IGMP、DVMRP、およびPIMなど、使用頻度の高いLANルーティングプロトコルをサポートしています。


PowerConnect 62xx 高度な QoS
高度なQoS
 
PowerConnect 6224は、ネットワーク管理者がスピード重視のネットワークトラフィックをさまざまなユーザ定義条件に基づいて優先付けできるため、QoS (Quality of Service)を柔軟に設定できます。 管理者は、L2またはL3の情報(たとえばIP QoS)に基づいてトラフィック処理を迅速化でき、ネットワーク内のトラフィック・フローをより適確に制御できます。


高度なセキュリティ
高度なセキュリティ
 
スイッチはアクセス制御リスト (ACL) をサポートしているため、ユーザは詳細なパケット検査を実施できます。802.1x ポート認証では単一ホストアクセスと複数ホストアクセスの両方が可能です。また、サービス拒否 (DoS) 攻撃を防止することでセキュリティがさらに強化され、一般的なネットワーク攻撃や CPU 攻撃からスイッチを保護します。


IPv6 認定
IPv6対応
 
IPv6は、20年以上も開発が続けられている「インターネットプロトコル」のバージョン6です。 旧バージョンのインターネットプロトコルで制限のあったIPアドレス数の問題を解決するために設計されたもので、現在および将来に向けた世界規模のスケーラビリティを確保するため、使用可能な一意のIPアドレスの数が増設されています。


リソース

snWW09|8.8.0.5